他サービスにはない!転職エージェント独自の強みとは?

営業職で給料低い→働く意義を見直す為の解決策

PR

本ページにはプロモーションが含まれています

営業職というと、内勤職と比べると飛び回るイメージがあるので、それに伴って給料も高い印象を受けます。しかし、その一方では営業職でも給料が低い場合があります。

色んな思いをして得る対価が低いと、ガッカリする事もありますよね。そこでこの記事では、営業職なのに給料が低い場合の対処法を解説していきます。

記事の本題に入る前に、あなたに提案です。

今このページにたどり着いたあなたは、勤め先の会社に対して給料が低い事に不満を抱いている状況だと思います。しかし、情報を集められていないがために今後どうすべきなのかを決められない状況なのではないでしょうか?

転職するしないは別にしても、情報を集めることで最終的な決断ができるのではないでしょうか?

そこで、下記に20代のあなたにおススメの転職エージェントをご案内します。web上の登録は10分ほどでできますし、今のご時世対面ではなくオンラインでの面談も対応していますので、来社する必要性がありません。

20代のあなたにとって、1年という時間は人生設計にも関わる貴重な時間です。ですから、何もアクションを起こさなければ現状を変える事はできませんし、年齢が上がれば転職のハードルも上がるので行動するなら早い方がいいです!

また、求人情報は水物なので機会を掴む事で、あなたの会社員人生が大きく変わる可能性も・・・

勿論、登録したからと言っても現職を辞める必要はありませんし、登録は無料でできますのでリスクなくできるのが強み!

個人的な経験からも、金銭的・精神的なリスクを考えると在職中のままでいることがおススメ。

そこで、まずは最初の1社に登録してみませんか?会社によって求人数の多い少ないはありますが、下記にてリンクを貼っているマイナビエージェントは、ピンポイントで求人を紹介してもらえるので、在職しながら無理なく活動を行いやすい点が魅力。

また、会社の強みとして以下の特徴があります。

  • 20代の転職に強い
  • 2023年度オリコン顧客満足度総合1位

マイナビエージェントは、下記のリンク先から登録できます。情報収集の第一歩としてぜひ登録しませんか?

↓        ↓        ↓

また、自身の経験からも言えるのですが、3社ほど登録しながら比較検討すると、以下の面でメリットがあるのでおススメです。

  • 良い求人と巡り会える可能性が広がる
  • 担当エージェントとの相性を判断する

他の転職エージェントについてまとめた記事について、下記にリンクを貼っていますので併せてお読みください!

たかのり

マイナビエージェントを含むその他おススメの人材紹介会社について、下の記事にて取り上げています。あなたの人生を変えるきっかけになるかも?!併せてお読みください!

↓        ↓        ↓

20代におすすめ転職エージェント&活用方法まとめ転職エージェントランキング⑦選!未経験20代におすすめ

営業職で給料が低い時に考えられる理由③選

会社に不信感→辞めたいと思った時に取る行動!

 

営業職の給料が低い事の要因は、様々な角度から考えることができます。それらの一部を以下の3つの要素で説明します。

➀結果が出せていない

営業職は一般的に成果主義が強いので、成績や実績が直接給料に反映される場合があります。そのため、目標を達成できていない、または成果が伸び悩んでいる場合、給与が低くなることもあります。

たかのり

成果報酬型の給与体系の方は特に頭を抱えるところではないでしょうか?

営業成績悪い→辞めたいと感じた時の対処法営業成績悪い→辞めたいと感じた時の対処法

②評価制度に問題がある

一部の企業では、評価基準が曖昧であったり、公平性に欠けたりする場合があります。このような場合には、評価制度の見直しを経営層に求めるか、または公平な評価を行う企業への転職を検討すると良いでしょう。

たかのり

評価制度について仮に理不尽だとして、意見すると煙たがられた経験から、そのような環境からは即座に離れる事をおすすめします。

仕事で評価されない為モチベーションが保てない時の対処法仕事で評価されない→モチベーションが保てない時の対処法

③残業代が支払われていない

営業職は勤務時間外でも業務を行うことが多いですが、その分の労働に対する報酬がきちんと支払われていない場合、給料が低く感じることもあるでしょう。

労働基準法を遵守していない場合は、労働局などの公的機関に相談すると良いでしょう。

たかのり

残業代を支払いたくないのか、都度都度残業申請を求められてケチをつけられることがありました。当然ながら意見しました。その結果、嫌がらせを受けたことが(苦笑)

④仕事内容と給料が見合っていない

営業職は、企業との交渉ごとや契約成立までのプロセス、さらにはアフターフォローまでを担当することが多く、とにかく精神的・肉体的にも労力を要する仕事です。

しかし、その労力やスキルに見合った報酬が得られない場合、給料が低いと感じることでしょう。

⑤給料が低い業界や会社に在籍している

業界全体の平均給与が低い、または会社の経済状況や給与体系により給料が低めに設定されている場合、自身の給料が低いと感じることがあります。

この問題に対する対策としては、転職を検討することも一つの手段です。

給料が低い事で起こりうるリスク⑤選

給料が低いと感じると、生活や心理状態に様々な影響が出ることがあります。ここではその理由について5つの視点から考えてみましょう。

➀仕事のモチベーションが上がらない

給料が低いと、自身の働きが適切に評価されていないと感じ、仕事への意欲ややる気が低下することがあります。この気持ちや感情が長続くようであれば、仕事のパフォーマンス低下につながる可能性もあります。

たかのり

リーマンショック時に年収が50万近く下がった経験からも、会社を守る為のやむを得ない事情ならば仕方がないと思うものの、上司は給料変わらずのままで涼しそうな顔をして暇そうにしていたため、働く意義や怒りの感情が湧いてきて一気にやる気が失せたことがあります(苦笑)

②趣味を我慢する

趣味があることは、日々の仕事のストレス解消や心の安定繋がります。しかし、給料が低いと、趣味に費やす余裕がなくなるので、ストレスが溜まる可能性があります。

たかのり

経験上、趣味にお金を使えなくなるのは、結構なストレスに繋がります。ただ生活の為に働くのって結構辛いです。

③友人と比べて落ち込む

自分の給料が友人よりも低いと知った時、自己評価が下がって、自信喪失になることも。

④自分の市場価値を否定されている

給料は個人のスキルや能力の市場価値を示します。給料が低いと、自分の価値が否定されていると感じ、自尊心が傷つく可能性があります。

⑤将来に対して不安を感じる

給料が低いと、将来に不安を抱く気持ちが高まります。そのため、将来設計に影響を及ぼします。

たかのり

将来への不安からストレスに繋がり、政治家が国民に増税を要求するかのように社員ばかりに無理強いをしてくる上司や会社の姿勢にいら立って抗議したことがありました(苦笑)

給料が低いとされる会社の特徴③選

➀社員を経費として考えている

社員への投資を経費として捉え、それを極力削減するような会社は、給料が低い傾向にあります。人件費は会社の支出の大部分を占めますから、それを削減することで一時的に利益を上げることは可能です。

しかし、長期的に見れば、社員の満足度低下やモチベーションの喪失につながり、会社のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性もあります。

②上司の給料が安い

上司の給料が低い会社では、その下にいる部下の給料も低くなる傾向があります。これは、給与の階層性が強い日本の労働市場でよく見られるパターンです。上司が安い給料で働いているという事実は、その会社の給与水準が全体的に低いことを示している可能性があります。

③働いている会社の業界の年収が低い

給料は業界全体の市場状況に大きく影響されます。例えば、業績が厳しい業界や新興の業界では、それほど高い給料を払うことができない場合があります。また、一部の業界では、特定のスキルや専門知識を必要とせず、多くの人がその職に就くことができるため、供給過多となり給料が抑えられることもあります。

営業職で給料が低い場合の解決策②選

➀会社に交渉する

元々給料が低い会社であれば、交渉するのもダメ元なのであまり期待はできませんが、もしあなたがエース級の社員だとして辞められたら困るような立場であれば、給与交渉ができる可能性があるかもしれません。

②転職活動を行う

転職活動を行う事で給料アップできる可能性があります。詳しくは、下記にて解説していますのでぜひお読みください。

給料が低い→転職を考えるのは正当な理由です!

実際、低い給料が原因で会社を辞める人は多いのでしょうか。転職サービスのdodaにて、2022年3月14日に発表された転職理由ランキングでは、給料が低い・昇給が見込めないが最も多く、全体の35%を占めていました。

※2020年7月~2021年6月の1年間の間に転職した、20~59歳の男女会社員が調査対象。

この結果だけでも給料が低いことが、働く意義を考えさせる結果に繋がっていると考えられます。加えて上記にて解説してきたリスクとも重なりますので、その結果生産性が下がるのも間違いないでしょう。

私自身、給料が下がったことで精神的に不安定になったことからも、改善の兆しが見られない環境からは離れたいという気持ちが強かったですし、給料が低い事で転職を考える事は恥ずかしい事ではないと言えます!

順位 転職理由ランキング 割合
1位  給料が低い・昇給が見込めない 35.0%
2位 昇進・キャリアアップが望めない 29.4%
3位 会社の評価方法に不満があった 26.8%
4位 社内の雰囲気が悪い 26.7%
5位 肉体的または、精神的に辛い 24.3%
6位 スキルアップしたい 24.0%
7位 業界や企業の将来性が不安 23.9%
8位 社員を育てる環境が無い 23.7%
9位 労働時間に不満(残業が多い/休日出勤がある) 23.5%
10位 尊敬できる人がいない 23.2%

まずは、お試し感覚で転職エージェントに登録しませんか?

あなたが転職するしないは別として、まずは最初の1社に登録してみませんか?

会社によって求人数の多い少ないはありますし、エージェントによっては、一度にたくさんの求人を紹介してくることがあるので、どこに応募するのが良いか判断に迷う事もあります。

下記にてリンクを貼っているマイナビエージェントは、ピンポイントで求人を紹介してもらえるので、在職しながら無理なく活動を行いやすい点が魅力。

web上の登録は10分ほどでできますし、今のご時世対面ではなくオンラインでの面談も対応していますので、来社する必要性がありません。

あなたの現職の悩みをカウンセラーに相談する事で、もしかすると現職に留まる結論になるかもしれませんし、逆に転職したい気持ちが強まる可能性もあります。

これまであなたが考えなかった営業職以外の職種に出会える可能性もありますので、まずは動いてみないとわかりません!

また、会社の強みとして以下の特徴があります。

  • 20代の転職に強い
  • 2023年度オリコン顧客満足度総合1位

マイナビエージェントは、下記のリンク先から登録できます。情報収集の第一歩としてぜひ登録しませんか?

↓        ↓        ↓

また、自身の経験からも言えるのですが、3社ほど登録しながら比較検討すると、以下の面でメリットがあるのでおススメです。

  • 良い求人と巡り会える可能性が広がる
  • 担当エージェントとの相性を判断する

他の転職エージェントについてまとめた記事について、下記にリンクを貼っていますので併せてお読みください!

たかのり

マイナビエージェントを含むその他おススメの人材紹介会社について、下の記事にて取り上げています。あなたの人生を変えるきっかけになるかも?!併せてお読みください!

↓        ↓        ↓

20代におすすめ転職エージェント&活用方法まとめ転職エージェントランキング⑦選!未経験20代におすすめ

 

今の時代大学や専門学校などに行くのが当たり前になったのと同じように、20代で転職活動する事が一般的になってきているんです!

1社だけで人生を終えるという考えが必ずしも悪いわけではありませんが、特にコロナ禍を経たことでより一層やりがい、人、環境を求める時代や考え方にシフトしてきています!

チャンスを掴む人は行動を起こした人だけですので、まず動いてみてから最終的な決断をしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です